MUSICA ETERNA ONLINE STORE

吹奏楽・マーチング・アンサンブルなどの楽譜のことなら ムジカ・エテルナ オンラインストア

MUSICA ETERNA ONLINE STORE

Sheet Music and Music Score

販売楽譜

ワシントン・ポスト[吹奏楽]

J.P.スーザ 作曲 (下中 拓哉 編曲)

商品番号 : MEMR-017

  • ワシントン・ポスト[吹奏楽] image1

N E W

楽曲情報

作曲者名:J.P.スーザ (Tomohito Matsushita)

編曲者名:下中 拓哉 (Takuya Shimonaka)

演奏時間:4分00秒

グレード:3.5(中〜上級)

スタイル:マーチレパートリー

↓スコアサンプルはこちらから↓



Free Memo

アメリカの作曲家ジョン・フィリップ・スーザ(1854 – 1932)は、「行進曲王」という二つ名で、世界的に知られている。しかし、彼の生涯と創作活動が(特に日本では)同時に語られることは、ほとんどない。そこで、ムジカ・エテルナ合同会社が販売する、スーザの楽譜の解説として、あまり知られていない、スーザの生涯と創作について取り上げることにしよう。

スーザの生涯 1880年まで
1854年に音楽家であった父の下に生まれたスーザは、幼少から音楽に親しみ、13歳になる頃には、オーケストラで使用されるほとんど全ての楽器と、ピアノが演奏できるほど力を付けていた。1867年から1874年まで、スーザは父の薦めで、アメリカ海兵隊バンドで音楽的な訓練(特に音楽理論の訓練)を受けた。その後、スーザはワシントンとフィラデルフィアで指揮者、さらには、興味深いことにヴァイオリン奏者として活動。それらの活動と同時に、作曲にも力を入れ始めるが、1870年代の時点では、スーザはオペレッタに強い興味を示していた。そして1880年、スーザはアメリカ海兵隊バンドの隊長に任命され、その活動を通して、傑作と呼ばれる数々の行進曲を生み出していったのである。

楽曲紹介

アメリカ海兵隊バンドの隊長として、その演奏レベルを上げただけでなく、見事な作品を書くということで、1880年代には、スーザの名はアメリカ全土で良く知られるようになっていた。
スーザの名声が広がっていた1880年代のアメリカでは、新聞社が購読者の獲得に躍起になっている時期でもあった。そんな中、「ワシントン・ポスト」という新聞社が、小中学生を対象とした作文コンテストを開催することになり、その表彰式で演奏するための行進曲の作曲依頼が、スーザの下に舞い込んだ。その依頼に応える形で作曲されたのが、新聞社と同じ名前を持つ行進曲《ワシントン・ポスト》である。1889年のことであった。
同年に行われた表彰式で、スーザの指揮の下、アメリカ海兵隊バンドによって演奏されると、《ワシントン・ポスト》の評判は、瞬く間に広まった。
さらに、当時流行の兆しを見せていた「ツーステップ・ダンス」の音楽としても取り入れられ、後にヨーロッパではツーステップ・ダンスを「ワシントン・ポスツ」と呼ぶようにまでなったのである。スーザ自身も自叙伝“Marching Along”の中で、《ワシントン・ポスト》に関する様々な逸話を書き残しているように、《ワシントン・ポスト》は、当時からスーザの代表作として、世界中で人気を博したのである。
曲は、スーザの行進曲に典型的な形式を取る(スーザの行進曲の型については《星条旗よ永遠なれ》の解説を参照のこと)。全楽器のユニゾンによる半音階的な前奏に続いて、親しみやすくも厳かさも併せ持つ第1マーチが奏される。木管楽器が主体となって奏する、跳躍の多い旋律の第2マーチを経て、そのままトリオへと繋がる。トリオは第1マーチと第2マーチの性格が結合したもので、その後に現れるエピソードも前奏の影響が見られるなど、全体が統一的な性格でまとめあげられている。《ワシントン・ポスト》は、スーザが好んだ「無駄のないスタイル」で書かれているものの、魅力的な旋律と、それらの統一によって、行進曲という機会音楽的な性格を越えて、見事な音楽作品として成立している。
《ワシントン・ポスト》の大成功を目の当たりにしたアメリカの他の新聞社は、いわゆる「社歌」のように、それぞれの会社のための行進曲を持ち始める。当時のアメリカでは、スーザはそれほどまでに影響力を持つ人物のひとりだったのである。(石原勇太郎)

楽器編成

Flute
Oboe(opt.)
Bassoon(opt.)
1st Bb Clarinet
2nd Bb Clarinet
Bass Clarinet
Alto Saxophone
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone

1st Trumpet
2nd Trumpet
Horn
Trombone
Euphonium
Tuba
String Bass(opt.)

Snare Drum
Bass Drum
Cymbals(opt.)

下中 拓哉 (Takuya Shimonaka)
東京都新宿区出身。尚美ミュージックカレッジ専門学校音楽総合アカデミー学科作曲コース(4年制)を卒業。作曲を徳備廉純、高橋伸哉の各氏に師事。
ポピュラージャンルでのリコーダー奏者としての演奏活動のほか、指導者としても活躍。器楽合奏や管楽器のための編曲作品が多数出版されている。
現在、東京リコーダー協会 AULOS講師、リコーダー奏者、作編曲家。