MUSICA ETERNA ONLINE STORE

吹奏楽・マーチング・アンサンブルなどの楽譜のことなら ムジカ・エテルナ オンラインストア

MUSICA ETERNA ONLINE STORE

Sheet Music and Music Score

販売楽譜

トリニタス-式典のための行進曲-[吹奏楽]

高橋宏樹 作曲

商品番号 : MEMR-003

  • トリニタス-式典のための行進曲-[吹奏楽] image1
参考演奏 / Trial listening


楽曲情報 / About this music

作曲家名:高橋 宏樹 (Hiroki Takahashi)

演奏時間:5分30秒

グレード:3(中級)

スタイル:マーチレパートリー
楽曲紹介 / Music introduction

2014年、札幌創成高校・吹奏楽部に開校50周年の記念曲として委嘱されました。記念式典はもちろんその後の入学式や卒業式等で使える行進曲というオーダーで、いわゆる低音が4分打ちで後打ちがあるものではないシンフォニックな物を目指しました。トリオは前へ進んでいくという気持ちと過去を振り返るという気持ちどちらとも捉えられる雰囲気にしました。タイトルの「トリニタス」は「三位一体」という意味で創成高校の校章がそれを表しているところから付けました。(高橋宏樹)
Free Memo

「トリニタス(羅:Trinitas)」という言葉をご存知だろうか。キリスト教の教えの中で「三位一体」という言葉を聞くことができる。「父」と「子(キリスト)」と「聖霊」の3つがそろって、ひとつの神となっているという教えである。この「三位一体」をラテン語で「トリニタス」と言う。それでは、高橋が2014年に作曲した《トリニタス―式典のための行進曲―》は、なぜ「トリニタス」という語を用いているのだろうか。
 それは、本作が札幌創成高校の開校50周年を機に、同校の吹奏楽部から委嘱を受けて作曲されたためである。札幌創成高校の校章は、3つの三角形を結合させ、学校、生徒、家庭の三位一体を表現したもので、それを基に、高橋が本作に「トリニタス」という題を付けた。
 本作はE.エルガーの《威風堂々 第1番》の影響がとても強い(ムジカ・エテルナ社から同じく出版されている高橋の《グラデュエーション・マーチ》も同様の傾向の作品として考えることができる)。
 序奏は「3本」のトランペットのファンファーレと、低音楽器群の下行音型(これはエルガーの《威風堂々》の序奏と類似する)が繰り返される。第1マーチはEs-Durで細かな動きを伴うが、厳かな雰囲気は損なわれていない。第2マーチは、第1マーチの展開とも考えられ、明確なものではない。ともかくも、本作の主部は序奏で提示されたリズム素材を自由に展開した形で、音楽が作り上げられている。
 トランペットとトロンボーンのファンファーレに導き出されるトリオは、高橋が「前へ進んでいくという気持ちと過去を振り返るという気持ちどちらとも捉えられる雰囲気」と述べたように、独特の雰囲気を持つ。主部が非常に前向きな音楽であったため、トリオとの対比が効果的。
 コーダではテンポが速められ、一瞬、導七の和音、つまり不安定な和音が鳴り、Es音のユニゾンで力強く幕を降ろす。(石原勇太郎)
楽器編成 / Instrumentation

[]内は楽譜セットに含まれる部数
Piccolo (opt.) [1]
Flute 1 [2]
Flute 2 [2]
Oboe (opt.) [1]
Bassoon (opt.) [1]
Eb Clarinet (opt.) [1]
Bb Clarinet 1 [2]
Bb Clarinet 2 [2]
Bb Clarinet 3 (opt.) [2]
Bass Clarinet (opt.) [1]
Alto Saxophone [2]
Tenor Saxophone [1]
Baritone Saxophone (opt.) [1]
Horn 1 [1]
Horn 2 [1]
Horn 3 (opt.) [1]
Trumpet 1 [2]
Trumpet 2 [2]
Trumpet 3 (opt.) [2]
Trombone 1 [2]
Trombone 2 [2]
Trombone 3 (opt.) [2]
Euphonium [2]
Tuba [2]
String Bass (opt.) [1]
Timpani [1]
Perc. 1: [4]
 S.D.
 Tri.
 Tamb.
 B.D.
Perc. 2: [1]
 Cymbals)
Perc. 3 (opt.): [2]
 Glock.
 Chime
高橋 宏樹(Hiroki Takahashi)

1979年、東京生まれ、パンスクール・オブ・ミュージックにて映像音楽やポップス理論などを学ぶ。主に吹奏楽曲や管楽アンサンブルの作編曲をしている。その他ポップスの編成やオーケストラの編曲なども手がけている。ピアノやキーボードのサポート、鍵盤ハーモニカなどプレイヤーとしての活動も行っている。シュピール室内合奏団メンバー。ズーラシアンブラス契約作編曲家。21世紀の吹奏楽「響宴」会員。吹奏楽作品:行進曲「勇気のトビラ(2014吹奏楽コンクール課題曲)」「オーディナリー・マーチ」「アミューズメント・パーク組曲」「サーリセルカの森」「流星の詩」な ど。アンサンブル作品:「文明開化の鐘」「グリムの古城」「アマンド・ショコラ」「The Times」「3つの魔法」「月明かりの照らす3つの風景」など。

ひろきさんの家(HP)http://www.hiroki-san.com/